任意売却について

  • HOME
  • 任意売却について

ローンの返済が難しい!【任意売却】

「住宅ローンを滞納してしまった」「競売だけは避けたい」。

こうしたお悩みをお持ちの方は、できるだけ早く知立市・刈谷市・安城市を中心に不動産売却を行う株式会社まるか不動産までご相談ください。タイミング次第ではあるものの、任意売却を行うことで競売を避けられる可能性があります。こちらでは、任意売却の基礎知識をご紹介します。

住宅ローンでこんなお悩みはありませんか?

「月々の住宅ローンの返済が難しくなってきた」
「金融機関からの督促状が届いてしまった」
「固定資産税を滞納したまま放置している」
「自宅が競売にかけられてしまいそう」

住宅ローンの滞納は、金融機関による不動産差し押さえにつながる大きな問題です。そのままの状態を放置すると最終的には競売にかけられてしまい、大切な不動産が不利な条件で売却されてしまうかもしれません。

こうした状況を回避できるのが任意売却です。今後の生活を再建する足がかりともなりますので、住宅ローンでお悩みの方はぜひご検討ください。

任意売却とは

任意売却とは

任意売却とは、債務者(売り主様)と債権者(金融機関)が合意の下で担保となる不動産などを処分し、債権の整理を目指す方法です。

住宅ローンを利用して購入した不動産には、金融機関によって抵当権がされています。予定どおりに返済ができていれば何も問題はありません。しかし、何らかの理由で滞納が続くと、金融機関は抵当権に従い、競売の手続きを行って資金回収に乗り出します。

競売は裁判所主導の手続きとなり、債務者側の意思が入る余地は残念ながらありません。また、市場価格よりも7~8割まで安い価格で売却されてしまうため、債権の多くが残ってしまう可能性もあります。

任意売却は、こうした状況を回避できる手段のひとつです。金融機関との間で合意が得られれば、競売よりも有利な条件で不動産を売却し、債務の整理が行えます。

任意売却のメリット
  • 競売よりも高い価格での
    売却が期待できる

    競売よりも高い価格での売却が期待できる

    任意売却という名称がついているものの、実際には通常の仲介売却と同じ方法で売却を行うため、市場相場に近い売却価格が期待できるのが大きなメリットです。開催期間が短く、限られた広告しかできない競売に比べると、高額の売却につながる可能性が高いと言えるでしょう。その分、残債を少なくできるため、今後の返済や生活にも余裕が生まれます。

  • プライバシーを
    守りながら売却ができる

    プライバシーを守りながら売却ができる

    競売に出された不動産は新聞やインターネットなどに掲載されます。そのため、ご近所の方や職場の方、友人・知人に競馬の事実を知られてしまう可能性もないとは言えません。一方、任意売却であれば広告活動に配慮をすることで、プライバシーを守ったまま不動産売却が行えます。また、一度競売の期間入札が決められたとしても、任意売却によってこれを取り下げられれば、物件の詳細情報は削除されます。

  • ご自身の意思で
    不動産売却を進められる

    ご自身の意思で不動産売却を進められる

    競売による売却では、価格や時期、相手などをすべて裁判所が決定します。
    一方、任意売却であればご自身の意思でこれらを決定できるのが大きなメリットです。たとえば引き渡しの時期なども買い主様と調整できるため、引っ越しのスケジュールにも余裕が持てるでしょう。

任意売却のデメリット
  • 信用情報機関へ情報登録がされてしまう

    信用情報機関へ情報登録がされてしまう

    住宅ローンを滞納するということは、金融機関からの信用を失うことです。そのため、ある程度の期間(3カ月以上が目安)支払いが行われないと、信用情報機関に滞納情報が登録されてしまいます。この場合、5~7年程度は金融機関からの借入ができなくなるほか、クレジットカードなどの利用・発行も難しくなる可能性があります。

  • 連帯保証人からの同意を得る必要がある

    連帯保証人からの同意を得る必要がある

    住宅ローンを利用する際に連帯保証人を付けていたとしたら、任意整理を行う前に連帯保証人の同意が必要になります。もしも連帯保証人に連絡が取れない、同意を得られないという場合は、任意売却が行えません。

任意売却と競売の比較
競売 任意売却
残債 市場相場より低い価格で売却されてしまい、残債を多く抱えてしまう可能性があります。返済のための資金確保も難しい状況と言えるでしょう。 一般的な不動産売却と同じ手法で販売活動が行えるため、市場相場に近い売却価格が期待できます。その分、住宅ローンの残債も減らせます。
返済 競売によって不動産を手放した後も、これまでと同じ返済方法を続ける必要があります。 債権者(金融機関)と交渉をし、収入や生活状況を考慮した無理のない返済方法への変更を検討してもらえます。
プライバシー 官報・新聞・ホームページに競売情報が掲載されたり、競売執行官が自宅に出入りしたりすることで周囲に売却を知られる可能性があります。 広告などに配慮することで、不動産売却を周りに隠しながら進められます。
立ち退き 決められた立ち退き日に立ち退きを求められます。 買い主様との調整や、債権者との交渉次第では、引き渡し日の調整などが期待できます。また、強制立ち退きはありません。
引っ越し費用 不動産の売却代金はすべて住宅ローンの返済に充てられ、完済ができない場合には引っ越し費用の捻出が必要になります。 債権者との交渉市第では、引っ越し費用を残してもらえる場合があります。
今後の生活 手元に現金が残らず、今言の生活再建の見通しも立たない状況に陥る可能性があります。 準備金を残せる可能性があるため、新生活を前向きな状況からはじめられます。
任意売却の可能な期間

※表は左右にスクロールして確認することができます。

時期 住宅ローン滞納状況 任意売却の可否
ローン滞納前 支払いは続けられているものの、滞納目前の状態です。
~ローン滞納3ヶ月 金融機関から自宅に督促状が届きます。
ローン滞納4ヶ月~ 裁判所から自宅に競売開始の通知書が届きます。
ローン滞納5ヶ月~ 裁判所から競売を担当する執行官が訪問し、競売準備がはじまります。また、不動産会社の関係者が訪れることもあります。
ローン滞納6ヶ月~ 競売が開始されます。 ×

このように、競売が開始されてしまうと任意売却自体が行えなくなってしまいます。住宅ローン滞納でお困りの方は、できるだけ早く弊社までご相談ください。